幼児に起こりやすいヘルペス性口内炎の症状と治療法

   

ヘルペスウイスル、というのは年齢関係なく感染しやすく日本人のほとんどがヘルペスウイルスに感染している、という程の物なのです。
中でも、お子さんの場合は感染してから症状が出る場合に重い症状が出やすいので親御さんは気をつけて上げてほしいですね。

幼児に起こるヘルペスウイルスの症状

まず、幼児にヘルペスウイルスが感染した際には潜伏期間は2日からおよそ2週間程度ですね。
そのあたりは体調や体力など、個人差があります。
そして、症状がで始めるとまず高熱が出て39度近くまで熱が上がることがあるんですね。
水疱瘡などでも高熱が出るのですが、それに近い症状がありますね。
そして、口の中や歯茎から出血して更に潰瘍や水疱ができて出血性のヘルペス性口内炎のような状態が起きるんですね。

幼児のヘルペス性口内炎について

大人の場合は、口内炎のような物で済むことが多いのですが幼児のヘルペス性口内炎、というのは出血を伴うということでかなり子どもはびっくりすることが多いんですね。
更に、かなりの痛みを伴う物なので子どもにとってはとてもつらい症状になっているのです。
基本的に自然治癒で我慢出来るような物ではありませんので、ここまで症状が出てしまったら病院での治療をすることをおすすめします。

幼児のヘルペス性口内炎治療について

こういった出血を伴うヘルペス性の口内炎治療をする場合は病院で抗ウイルス剤を投与しながら、塗り薬や飲み薬などを使って出血を抑えつつ、痛みを抑えてヘルペスウイルスを抑制するというようなやり方で治療をします。
特に、出血を伴う口内の痛みは食事もなかなかできなくなってしまいますので早急に治療に連れて行ってあげることをおすすめします。

 - 未分類