子どもに特にかかることが多いヘルペス性歯肉口内炎

   

ヘルペスウイルス自体は、大人でも子どもでも関係なく感染してしまうものなのですが、特にヘルペスの中でも子どもがかかってしまうという物があるんですね。
特にお子さんに気をつけてあげたい症状についてを紹介していきましょう。

ヘルペス性歯肉口内炎について

ヘルペスウイルスによって引き起こされる、特に子どもがかかりやすい物の一つがヘルペス性歯肉口内炎です。
特に、これはヘルペスウイルスに初めて感染する子どもに現れやすい症状なんですね。
一気に高熱が出て、口の中が痛み出血もするということもありかなり重症に見えるんですね。
高熱はすぐに収まるのですが、口の中の症状はなかなか収まらず痛みと出血が続いてしまうので食事がしにくくなったりして栄養不足になってしまうこともあるんですね。

重度の場合は民間治療以外も

あまりにも症状が重く、脱水症状がひどかったり口の中の痛みがあまりに強すぎると病院の中で点滴治療を行う場合もあるんですね。
完治まではかなり時間もかかりやすく、1週間から10日ほどまでかかることもあって親御さんのケアが必要になってくるんですね。

また、ヘルペスウイルスというのはウイルス感染しますので例えば口周りを拭いたタオルをそのまま別の部分を拭くことに使ったりしないように気をつけた方がいいですね。

口の中の出血

やはり、ある程度うがいなどをしてあげたりするということが大事ですね。
口の中に出血したまま血をためてしまうと、それも唾液や血液というのはウイルスを含んでいる場合がありますので、ちゃんと捨てることが出来るようにしてあげる必要があります。
お子さんが寝たままうがいをすることが出来るような準備をしてあげるようにしましょう。

 - 未分類