幼児のヘルペス性口内炎はどのようにケアしてあげればいいのか

   

幼児は、ヘルペス性の口内炎にかかりやすくヘルペスウイルスの影響が口に出やすいんですね。
こういった、ヘルペス性の口内炎というのは特にお子さんにはつらい症状になっていますので、親御さんはそれを理解してすぐに対処してあげられるようにしておきましょう。

幼児特有のヘルペス性口内炎について

ヘルペス性口内炎は、歯肉などが腫れがあったりして出血を伴いかなり痛むんですね。
また、高熱が出ることもあってかなり辛いのですが熱が出始めてから3日から5日ほどの時間がかかり、すべての症状が収まりきるまで1週間から10日間かかるというようなこともあります。

ほかに、ヘルペス性口内炎だけではなく口唇ヘルペスという唇周辺にまで水ぶくれができてしまうということもあるので注意が必要です。

どうやって治療するのか

ヘルペスウイルスによるこういった症状が起こる場合、塗すぐりや抗ウイルス剤で治療するのはいいのですが高熱が出てしまうので親御さんもびっくりしてしまい、熱を下げなくては行けないと思ってしまいがちです。
そのときに、慌てて解熱剤を使ってしまうのはいけないんですね。
解熱剤は、脳に副作用を与えてしまう場合もありますし高熱は病原菌やウイルスを殺すために必要な作用なので、解熱剤はむやみに使わず氷嚢などを使って頭部を冷やしてあげたり衣服などで温度調節をしてあげることが大事なんですね。
ほかにも、脱水症状を起こしやすいので水分をしっかり補給できるようにしてあげましょう。

子どもに気をつけてあげて

高熱などは、特にお子さんも辛いのでゆっくり出来る環境を作ってあげることです。
特に口の中が痛みますので水分補給をしやすくするためストローなどを用意してあげましょう。

 - 未分類