アトピー性皮膚炎とヘルペスウイルスはどんな影響と関係があるのか

   

ヘルペスウイルスによる感染症は、様々なタイプがあるのですが大人があまりかかることはないのですが子どもがかかりやすいというような物があるんですね。
その中でも、特にお子さんに多いのですが大人にはあまり現れない症状と言えばアトピー性皮膚炎への影響があります。

アトピー性皮膚炎とヘルペス

ヘルペスウイルスというのは、免疫や体力の低下によって活動化して症状を起こすんですね。
だから、免疫能力や皮膚の抵抗力が弱いアトピー性皮膚炎を持っているお子さんはヘルペスウイルスの影響を受けやすいんですね。
特に、アトピー性皮膚炎の症状が出ている部分に更にヘルペスウイルスによる水疱が広がってしまうことで、症状が悪化してしまったり重症化してしまうこともあるんですね。

カポジ水痘様発疹症

普通のヘルペスウイルスによる感染の場合は、限られた範囲に症状が出るだけなのですが、アトピー性皮膚炎のお子さんの場合はそれが水疱瘡のように範囲が広がってしまうことがあるんですね。
通称、カポジ水痘様発疹症というのですがアトピー性皮膚炎のお子さんがヘルペスウイルスに感染してしまった場合は、ヘルペスウイルスがついたような手でアトピー性皮膚炎の炎症を起こしている部分をかいてしまったりすると、ウイルス感染してしまうので注意しなければいけません。

アトピー性皮膚炎以外も注意

あくまでアトピー性皮膚炎というのは一例であり、もともと何らかの皮膚系の疾患を持っている場合なども、ヘルペスウイルスが感染しやすくなってしまうんです。
あせもができてしまったり、おむつなどでかぶれてしまっていると皮膚疾患部分にヘルペスウイルスがつくと、同様の症状が起こってしまうこともあるんですね。

 - 未分類